So-net無料ブログ作成

MOZU映画ネタバレ ダルマの正体は!松阪桃李の役柄もやばいw

いよいよ11月7日に
映画MOZUが上映されます|д゚)





MOZUといえば
西島秀俊さん主演の大ヒット刑事ドラマを映画化したものです。
ドラマから始まり今回の映画で完結となるようです。

なんだドラマをみてないと映画をみてもわかんないのか"(-""-)"
と思う人もいますが
そうではないようです。(^^♪


ドラマを見ていなくても楽しめる


と監督がおっしゃっていましたww

ドラマのファンはもちろんですが、まだこのシリーズを
知らない人でも大丈夫なようです。

なぜなら



スポンサードリンク





いきなり事件が起きるからww


映画の途中からテレビ版での倉木の問題にシフトしていく物語に
なっており、ドラマファンももちろん映画を初めて見た人は
そこも謎の一つとして見てもらえるそうだ。

劇場版を見た人はドラマもみたくなる
そんな作品を作ったようです(^◇^)


ちなみにドラマ版のMOZUは
シーズン2まであります。
今ならDVDでも借りれるようです。

wowowの共同制作で放送されt刑事ドラマで
小説「百舌の叫ぶ夜」「幻の翼」を原作としています。


では今回は映画でのあらすじネタバレ
ダルマの正体をみていきましょう★


公安部の倉木(西島)は妻の死の真相にたどり着き気力を失い
捜査一課の大杉(香川)も警察への不信感を強め警察官を辞め
探偵事務所を開いていた。

そんな中倉木が妻の死の真相がわかってから半年後に
テロ集団による高層ビル大儀保強盗脅迫事件とぺナム大使館
襲撃事件が同時に発生し倉木と大杉はかつてともに捜査した
赤星(真木ようこ)と共に事件に巻き込まれこの事件を捜査していくこととなる。

捜査を進めるにつれてこの事件に「ダルマ」が関与していることがわかる。

わかり架空の国ぺナムを舞台にダルマの正体を追っていく、、。
さらに犯罪プランナーの高柳(伊勢谷)と権藤(松阪)の犯行だった
ことがわかる。








まだまだあります



スポンサードリンク





こちらもご覧ください














ダルマ役はビートたけしさん

陰で事件を操っている謎の人物。
事件の裏でとある犯罪計画を企てている。


撮影でビルの屋上でCGではなく
本物の火を使い炊いたシーンもあるようです。
監督もダルマ役はたけしさんしか考えられなかった
どんな手を使ってもたけしさんに演じてほしかった
というほど。
かなりの迫力のあるダルマです|д゚)


ゲスト出演に松阪桃李さんが権藤剛という
残虐非道なテロ集団のリーダー的存在を演じる。
普段の松阪さんのイメージとは全く異なります
これも見どころですね|д゚)











ネットでの反応

















みなさん映画MOZU楽しみですね(^_-)-☆



スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。